有線ネット回線と無線ネット回線のメリットとデメリットって?

少し前は有線の回線が普通でしたが、最近は線無しでネットに繋げる回線も出てきました。そこで今回は、それぞれの回線のメリットとデメリットを記載していきたいと思います。

まず有線のネット回線。物理的な線を経由してデータを送受信しているので、確実にデータを送れるのが良いです。

更にシェアの最も多い光回線だとデータ送受信自体の速度も速いので、サクサクウェブ等を閲覧できるのもメリットです。

デメリットは線を用意出来ない場所がある事と、持ち運んで外部で使用出来ない事です。

そして無線のネット回線。まずメリットは持ち運びが出来る事。
外出する時にモバイルルーターさえあればネット使用出来るのが良い所です。
又複数台接続出来るので、LANを外部ですぐに作れたりもします。

無線でデータを受け取れる場所であれば、どこででもスマートフォンのSIMと同じようにネット接続出来るのもメリットです。

デメリットは無線電波が届かない場所では使えない事です。ただwi-fi環境は増えてきているので、カバーは以前よりし易いと思います。

最近は無線経由でのネット環境が技術の進化と共に発達しているので、有線でのネット接続環境は縮小していくでしょう。

しかし有線にも良い所はあるので、サービス使用したい時はライトに外でも手軽に使いたい時は有線、じっくり屋内で使いたい時は無線と、状況に応じてどちらを使うか決めましょう。