格安SIMの仕組みとメリット・デメリットは?

格安SIM」という言葉をよく聞くようになりました。

格安のSIMだから、今までの携帯電話会社のSIMよりも安いのだろうとは分かると思いますが、仕組みは分かるでしょうか。

ここでは格安SIMとはそもそも何なのか、そしてそのメリット・デメリットはどうなっているのかを記述していきたいと思います。

SIMとは「Subscriber Identity Module」の略で、携帯電話会社のサービスを使っている人がデータ送受信するのに必要なモジュールです。
携帯電話のコースを契約した時に渡されると思いますが、当然サービスを提供するのは各会社になります。

どうやって提供しているかというと、各会社はそれぞれサーバーとデータ送受信用の施設を持っています。
サーバーで処理したデータを施設を通して電波で送信する事でユーザーがデータを受信したり出来る仕組みになっています。

ですからデータ速度は、このサーバーの数や能力とデータを送る施設の量で決まります。
通常の携帯電話会社(MNO)はサーバーと施設を自分で持っているので、ここから各ユーザーにサービスを提供しています。

対して格安SIMを提供している会社(MVNO)は自前で施設を有していません。ではどうしているかというと、MNOから施設を借りているのです。
ですからデータを送受信する時の手順はさほど変わらないのです。

格安SIMのメリットは「とにかく安い事」。
施設を借りているだけなので設備費等は要らないし、サービスもネットで提供するのが基本なので安価でサービス利用が出来ます。
よっぽどMNOのサービス内容にメリットを感じているような状況でなければMVNOでも十分と言えそうです。

ただデメリットもやはりあり、最も問題になってくるのが「データの送受信速度」。
MVNOの設備は契約会社と同じなのですが、途中で同時に送受信出来るデータ量に制限がかかったりします。

と言う事は同じサービスを使用しているユーザーが同時にサービス利用している状態になると、送受信出来るデータ量がMNOより少ないのでそれだけ通信速度が遅くなってしまいます。

又地域や電波環境によっても速度は影響を受けるので、通信速度比較サイト等で情報収集してみると自分の地域ではどのサービスが良いかを判断しやすいかと思います。

格安SIMとwimaxを使うというのもありかもしれません。

WiMAXと格安SIMを徹底比較!どちらが良い?

今持っているスマートフォン等でMVNOが使いたかったら、MVNOがスマートフォンを購入したMNOと別の会社の回線を使っていると十分にスマートフォンでデータを受け取れない可能性が出てくるので、なるべくスマートフォンの購入先とMVNOが施設を借り受けているMNOが同じになるようにしておきましょう。